サブリースで賢い運営を行なう|不動産投資で稼ぐコツ

マンション

立地条件が重要

一軒家

安定的な収入の確保

不動産投資を行う場合には立地条件が重要になっています。日本では少子高齢化が進展しており人口の減少が見込まれていますので、必ずしも不動産投資の先行きが明るいわけではありません。しかしながら首都圏では依然として生産年齢を中心に人口が増加しておりますので、立地条件によっては不動産投資にも妙味があります。安定的な収入を確保することを考えれば住宅系への投資が最適です。住宅については一括借りを除けばリスク分散が図りやすい投資対象となっています。住宅に対してはサブリースを受託する業者も存在しますので長期的にサブリースで業者に管理を委託することも一つの選択肢となります。自分で管理するよりも収益は落ちますが、空室リスクを回避することが出来ます。

家族構成の変化に対応

首都圏の人口の増加は生産人口の増加によるところが大きくなっています。この傾向は今後もしばらく継続することが予想されておりますが、この層の多くは単身者か子供の小さい世帯となっています。したがって不動産投資の場合にも比較的面積の小さい住宅への投資が重要です。サブリース業者もリスクによって手数料の割合が変わりますので需要の多い面積の住宅であればサブリースの条件も良くなるケースが多くなっています。住宅管理の業界も競争が激化しており今後はサブリースによって顧客を取り込もうという戦略を進めている業者が増えて来ています。今後もこの傾向は継続すると見込まれますのでサブリース条件を比較したうえでリーシング力のある業者に委託することが重要です。