畳の大きさは事前に把握しておこう【張替え時に困らないために】
ロゴ

Tatami NAVI

畳のサイズは地域によっても違う~張替えるサイズは確認が大事~

地域によって畳の大きさも変わる

一見同じ大きさに見える畳ですが、地域ごとに比較してみると微妙に違いがあります。例えば関西で使われている畳は、関東のよりも縦が15cm、横が7.5cm程大きいです。

よく使われている畳の大きさTOP3

no.1

集合住宅のサイズに合う畳

集合住宅や団地は、部屋をコンパクトにまとめるために、平屋の畳よりも小さいものが使用されています。縦は170cm、横は85cmです。

no.2

関東の平屋も小さめ

関東の畳は、団地用の畳よりは大きいですが京都の畳よりは小さいです。使われている畳は縦176cm、横78cmです。

no.3

関西の畳は大きい

日本で使用されている中で最も大きい畳は、関西で使用されている畳です。大きさは縦191cm、横95.5cmもあります。

畳の大きさは事前に把握しておこう【張替え時に困らないために】

作業員

全国的に使われているのが江戸間

関東で使われている畳は江戸間と呼ばれます。江戸間は庶民の家の部屋に敷くことを想定して作られていたので、あまり大きくありません。しかし小さい部屋を何個も設置する、2LDKや3LDKなどの間取りでは、六畳間をこの畳のサイズにするのが丁度良いです。江戸間を六畳張ると、総面積は約9.3平方メートルになります。

関西地方なら京間・本間

関西で使用されている畳は京間と呼ばれていて、とても大きい畳です。これは元々、城の部屋や大きな宴会場に張るために作られていたので、少ない枚数で面積を稼げるように大きく設計されています。この畳は、広間や関西の大きい一軒家には使用されています。これを六畳敷くと面積は11平方メートルとなり、関東の六畳間の1.2倍の大きさです。

マンションやアパートには団地間が使われる

団地は、限られた面積により多くの家を作りたいので、一軒家よりも更に部屋をコンパクトにします。そこで生まれたのが団地間と呼ばれる畳の大きさです。この畳は、六畳間一つで人が生活できる最低限の広さを追求して作られた大きさとなっていて、六畳敷いた面積は8.7平方メートルとなります。これは江戸間の約0.9倍の大きさです。

使用されている畳の大きさを確認しておこう

当然ですが、団地間が張ってあった部屋に、江戸間や京間に張り替えるのは不可能です。後で後悔しないためにも、自分の家に使われている畳の大きさは把握しておきましょう。

広告募集中