サブリースで賢い運営を行なう|不動産投資で稼ぐコツ

マンション

空室リスクのない賃貸経営

財布を持つ女の人

入居率の心配をなくす

アパートや賃貸マンションを経営するとき、なんといっても心配なのは空室リスクです。入居率が低ければ思うような収入が上がらず、特に建物をローンで購入したような場合は、返済に支障をきたすことにもなりかねません。サブリース契約であれば、このリスクを避けることが可能です。サブリースは「転貸」の意味で、アパートやマンションを一括で業者に借り上げてもらい、入居者はサブリース業者と契約を結ぶことになります。たとえ空室ができても、家主はサブリース業者から定額の家賃を受け取れるので、入居率の心配をしないで済みます。また入居者が引き起こすトラブルは、すべて業者が解決してくれるため、管理が楽になるというメリットもあります。

オーナーの努力も必要

サブリース契約は何もかも業者に任せておけば良いと考えがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。たとえば建物のメンテナンスやリフォームについての取り決めがあり、家主がきちんと修繕しないと、契約が解除されることがあります。また定期的に賃料の見直しがあり、契約によっては収入が減っていく可能性もあります。今後は人口の減少と都市部への集中が進むと考えられるので、どんなアパートでも必ず高収入が得られるわけではありません。サブリース契約を結ぶ場合でも、業者にとって有利すぎる契約内容になっていないかチェックし、不利なところは交渉によって改善する努力が必要になるでしょう。楽をして儲かる手段はないと考えるのが妥当です。