サブリースで賢い運営を行なう|不動産投資で稼ぐコツ

マンション

安定した賃料が見込めます

模型を持つ作業員

個人投資家が利用します

個人が不動産投資をする場合にサブリースを活用することが多いです。特に、会社勤めをしながら不動産投資をしている場合や自営業をしながら不動産投資をしている場合にはサブリースの利用が多いです。これらの人は不動産に時間を割けない人であって、投資はしても管理やメンテナンスをする時間はないのです。サブリースをすると決まった賃料収入が得られますので収支が安定します。満室の場合であっても賃料収入の満額は得られないですが、空室率が高まっても予め決めた賃料収入が確保できます。一棟の賃貸マンションに投資している場合などは、入退去の契約手続きや新規入居者の募集などを投資家が自分自身ですることは困難です。その点でもサブリースは頼りになります。

大手企業が安心です

サブリースをしていれば、メンテナンスなどの手間もかかりませんし、入居率とは無関係に予め契約で決めた賃料が安定的に入ってきます。しかし、それもサブリースの契約をしている企業が信頼できることが前提になります。したがってサブリースをするのであれば大手企業と契約する方が安心です。不動産会社や建築会社との契約になることが多いですが、契約を履行できなくなる懸念のあるような企業は避けたいものです。企業の信用情報は正確に把握できないこともありますので、上場会社などの信頼できる企業と契約すると安心です。サブリースの条件面も重要ではありますが、収支よりも安定性を重視して契約する方が将来的には安心である場合が多いです。